本文へスキップ

逆張り(ぎゃくばり)とは

逆張り(ぎゃくばり)とは


逆張り(ぎゃくばり)とは

  • 逆張り(ぎゃくばり)とは、相場の流れとは逆の買い方(売り方)のことです。現在価格が上がっていればこれ以上は上がらないだとうと思って売り、下がっていればこれ以上下がらないだろうと思って買うことです。 こういった逆張りをする投資家のことを「コントラリアン」といいます。



投資法

逆張りは、株価が下落している銘柄に対して、株価が安くなった時に将来的な上昇を見込んで買い向かう、または、株価が上昇している銘柄に対して、株価が高くなった時に将来的な下落を見込んで売り向かう投資法です。逆張りは、株価が下落している時に買い向かい、上昇している時に売り向わなければならないので、非常に難しい投資法ではあります(さらに株価が上昇する場合も下落する場合もありますので)。

相場は上昇トレンドか下落トレンドか、またはボックス相場のどれかで動きます。このうち逆張りはボックス相場が出ている際に有効な投資法です。日本の株式市場では、逆張りは主に個人投資家機関投資家が行いやすい傾向があり、外国人投資順張りを行いやすい傾向があります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース