本文へスキップ

ディスインフレーションとは

ディスインフレーションとは


ディスインフレーションとは

  • ディスインフレーション(disinflation 略称:ディスインフレ)とは、インフレーション(インフレ)は鎮静化したが、デフレーション(デフレ)には至らない状態のことです。物価は上昇しているが物価上昇率が低下していて、物価の下落には至っていない状態のことです(デフレの場合は物価上昇率がマイナスとなる)。



ディスインフレーションの例

第二次オイルショックによるインフレの際、先進諸国はインフレを抑制するためにマネーストック(通貨供給量)を抑えるとともに、金融引き締め(利上げ)を行いました。これによりインフレは鎮静化し、一転、デフレに近い状態となりました。ただ、需要より供給が大きく上回る状態とはならなかったことから、インフレやデフレと区別するために「ディスインフレーション」と言われるようになりました。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース