本文へスキップ

ダンピング(不当廉売)とは

ダンピング(不当廉売)とは


ダンピング(不当廉売)とは

  • ダンピング(dumping)とは、「不当廉売(ふとうれんばい)」とも呼ばれ、貿易の際に、ある商品を国内の価格に比べて低い価格で輸出することです。広義には、経費に比べて低い価格で販売することをいいます。ダンピングは、保護主義的な貿易の特徴的なもので、貿易摩擦が生じる原因となりやすい。一般に輸出等において、ダンピングであるか否かの判断は、内外の価格差や当該商品(物品)の販売により、輸入国の産業が被害を受けたか否かによります。被害を受けた産業界からの提訴により、その国の政府当局が調査を行い、ダンピングと認定されれば、ダンピング関税を課すことがWTO(世界貿易機関)上の権利として認められています。
    ダンピングは、各国の競争法で制限されるものと、国際貿易・国際経済法にに触れるものがあります。貿易摩擦が激化するなか、輸入国でダンピング防止の提訴が増えています。 日本では、関税定率法第9条の「ダンピング防止関税の規定」、また独占禁止法でも規制されています。



関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース