本文へスキップ

幼稚産業保護論とは

幼稚産業保護論とは


幼稚産業保護論とは

  • 幼稚産業保護論(ようちさんぎょうほごろん:theory of the infant industry protection)とは、国際競争力の弱い産業(幼稚産業)を関税などで保護することによって、国際競争力をつけようする考え方です。



幼稚産業保護論の主張

幼稚産業保護論は、ある産業を発展させようとするなら、新しい技術や知識が必要であり、労働の熟練性も必要する。それらは生産活動によって蓄えられるものであるため、開発途上国(発展途上国)など国際競争力の弱い産業を抱える国は、その産業を関税などで保護して国際競争力を育成した方が長期的に望ましいとしています。日本は、自動車やコンピュータの産業が幼稚産業保護論による政策によって成功したと言われていますが、自由貿易などの観点から批判も多い考え方です。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース