本文へスキップ

ラッファー曲線(ラッファーカーブ)とは

ラッファー曲線(ラッファーカーブ)とは


ラッファー曲線(ラッファーカーブ)とは

  • ラッファー曲線(ラッファーカーブ:Laffer Curve)とは、経済学者アッサー・ラッファー(Arthur Laffer)が提唱した税率と税収の関数関係を示した曲線のことです(縦軸に税収、横軸に税率をとり、「最適税率(t)」を示した曲線)。



ラッファー曲線の概念

ラッファー曲線(ラッファーカーブ)は、税収を最大とする税率があり、それより高い税率の設定はむしろ税収を減少させるとするもので、レーガン政権減税政策の基となった考え方です。税率が0%では政府は税収を得ることは出来ないが、100%であっても労働者は勤労意欲がなくなるため税収を得られない。ゆえに、税率は0%から100%の間のどこかに税収を最大とする税率があり、現在の税率が税収を最大とする税率「最適税率」を超えていれば減税政策を行って税率を「最低な税率」とすることで税収を増やせる、とする考え方です。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース