本文へスキップ

債務超過(さいむちょうか)とは

債務超過(さいむちょうか)とは


債務超過(さいむちょうか)とは

  • 債務超過(さいむちょうか)とは、債務者負債総額が資産総額を超える状態で、資産をすべて処分したとしても負債を返せない状態のことです。



債務超過になったらどうなる?

債務超過は、企業が事業で失敗するなどして損失が出て、資産が目減りした場合が多いです。債務超過となった場合、その企業の自己資本はマイナスとなりますので、破産手続き開始の原因となり、いつ倒産してもおかしくない状態といえます。企業を清算したとしても残る資産がないため、株主の取り分がない状態ともいえます。また、金融機関(銀行)は債務超過となれば新規の融資ができないとしていることが多いです。融資に関しては、金融機関は自己資本より総資産(自己資本+少数株主持ち分(自己資本に子会社の株式などで自社以外の株主が保有する持ち分))を指標とすることもあります。子会社が多い上場企業の純資産がマイナスとなった場合は、金融機関はあらかじめ企業と結んだ契約をもとに、融資を続けるかどうかの判断を行います。






上場廃止基準

東京証券取引所は、上場廃止基準の一つとして「債務超過状態を1年以内に解消できなかった場合」としています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース