本文へスキップ

エコノミーズ・オブ・スコープとは

エコノミーズ・オブ・スコープとは


エコノミーズ・オブ・スコープとは

  • エコノミーズ・オブ・スコープ(economies of scope)とは、複数の財を様々な企業が生産するより、一企業が生産した方が経済的だとするもので、「多角化の経済性」や「範囲の経済性」と呼ばれています。従来は、エコノミーズ・オブ・スケールと呼ばれる標準化された製品を大量生産してコストの削減を図る「規模の経済性」が主流でしたが、消費の多様化や低成長経済による企業の業務多角化によって、エコノミーズ・オブ・スコープが重要視されるようになりました。エコノミーズ・オブ・スコープを行うためには、生産物の生産過程の中に、他の生産物の生産過程に低コストで転用できる生産要素が必要であるとされています。



エコノミーズ・オブ・スコープの例

  • 電卓を提供する企業がデジタル時計の分野へ進出する
  • 化学関連企業が医薬品の分野へ進出するなど







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース