本文へスキップ

パラレル・マーケット(セカンダリー・マーケット)とは

パラレル・マーケット(セカンダリー・マーケット)とは


パラレル・マーケット(セカンダリー・マーケット)とは

  • パラレル・マーケット(parallel maeket)とは、「第2市場(セカンダリーマーケット)」とも呼ばれる、伝統的な割引市場とは別に発展したインターバンク市場、地方公共団体預金市場、金融会社預金市場などの 短期金融市場のことです。ただし、1980年に伝統市場と資金交流が増えたことによって、「パラレル・マーケット」と呼ばれることはなくなりました。



パラレル・マーケットの特徴

パラレル・マーケットは伝統市場と比較して、以下のような特徴があります。

  • 無担保取引である
  • 最終的資金供給者がいない
  • 金利水準が資金の需給バランスによってのみ決まる
  • 取引が形式的であることが少なく簡便



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース