本文へスキップ

恐慌とは

恐慌とは


恐慌とは

  • 恐慌(きょうこう:crisis)とは、経済の縮小が急激で大規模に進行する現象のことです。景気が後退すると、需要や生産、雇用、所得が減少して経済が縮小しますが、それが急激で大規模に進行することをいいます。



恐慌が起こるとどうなる?

恐慌の状態になると、生産は急減し、在庫は投げ売り状態となります。企業の倒産が増加し、失業者も増加、経済は長い停滞が続きます。1825年に英国で起こった恐慌が初めての例とされています。その後、恐慌は約10年周期で起こるとされました。恐慌はある国だけにとどまらず、ある国の恐慌が他国へ波及し世界に広がることもあります。これを「世界恐慌」といいます。英国で起こった恐慌が1857年以降世界的に広まり、世界恐慌へ発展。1900年以降に日本のも波及しました。また、1929年に起こった恐慌は、資本主義市場最大規模の「世界大恐慌」とされています。ただし、第二次世界大戦後、ケインズの有効需要管理策やその他の政策の誕生により、その後恐慌は起きにくくなっています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース