本文へスキップ

ケインズ経済学とは

ケインズ経済学とは


ケインズ経済学とは

  • ケインズ経済学(Keynesian economics)とは、20世紀の経済学者の代表的存在であり、マクロ経済学を確立したジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946 イギリスの経済学者、貴族、官僚 イギリス生)によって考案されたマクロ経済学のことです。



ケインズ経済学とその問題点

ケインズは、「経済は自由放任が最もよい」と考えたアダム・スミスの考えに異議を唱え、経済は政府が積極的に市場に介入した方が成長と安定を図れると考えました。政府は政府支出と税金を調整して需要を操作すべきだとし、不況を回避するためには、投資、雇用、消費を増加させるために政府支出と金融緩和が必要であると提唱しました。

この考えは、先進国各国の経済政策に大きな影響を与え、これによって景気がよくなったのですが、ケインズの考えは政府は国債を発行して公共事業に大規模なお金を使う考えであるため、財政赤字が膨らむという点に問題が出てくるのと、インフレが進んでしまうという点に問題があります。ケインズは、財政赤字は景気がよくなった分の税収で回収できるとしていましたが、実際には、政治家が無駄な公共事業を増やしてしまったり、公共事業を行っても思ったような経済効果が出なくなるなど、税収では全くまかないきれないという状態となりました。




ケインズ関連記事

ケインズに関する解説は、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」の以下のページで、さらに細かく解説しています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース