本文へスキップ

ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマン


ミルトン・フリードマンとは

  • ミルトン・フリードマン(Milton Friedman)とは、マネタリストでありリバタリアン(絶対自由主義)の米国生まれ(1912-2006)の経済学者のことです。近代経済学の父であるアダム・スミスは自由主義の考えの持ち主でしたが、現代の新しい自由主義を唱えたのがミルトン・フリードマン(以下 フリードマン)です。フリードマンは、「世の中のお金の量をコントロールしていれば経済はよくなる」と考えました。


フリードマンは自由を重んじるリバタリアン(絶対自由主義)で、他人に迷惑をかけなければ何をやってもいい、という考えを持っていました。なんでも国が禁止するから 闇社会というものが生まれる。自由でいい。社会保障なども必要なく、社会保障のために税金をとるのは自由にお金を使っていい権利を侵害している、と唱えました。
こういったフリードマンの考え方(”小さな政府”を推進する考え方)は、アメリカの共和党に支持されました。アメリカのレーガンやイギリスのサッチャーもこの考えを支持した政策をとり、日本では中曽根政権や小泉政権がこの考えに基づいた政策をとりました(NTTやたばこ産業、JR、郵政などの民営化がそれにあたる)。




基本原則

フリードマンは、国民の自由を守るための2つの基本原則を提唱しました。

  1. 国防(外敵や国内の事件から国を守るのは政府の仕事である。政府が国を守らなければならない)

  2. 政府がやることを州や地方自治体に任せる

    政府がやることはなるべく州や地方自治体に任せておいた方がうまくいく。国民は国のやり方が気に入らなくても国から出ていくことはなかなかできないけど、 州や市町村のやり方が気に入らなければすぐ引っ越して他へ行くことができる。州や市町村は、政策を間違えれば州や市町村がから人が出ていってしまうので、下手な政策は打てなくなるので結果的にうまくいく、としています。



関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース