本文へスキップ

小さな政府とは

小さな政府とは


小さな政府とは

  • 小さな政府(limited government)とは、政府による市場への介入を最小限にとどめ、自由競争によって経済成長を促進させる政策、または、政府や行政の権限や規模を最小限にしようとする思想・政策のことです。



小さな政府のメリット・デメリット

「小さな政府」は、より少ない歳出と低い課税、低負担、自己責任を重んじ、規制を緩和し、民間の活力を引き出すことで経済社会の発展を志向します。これにより、個人の自己責任が重くなり、格差が生じやすくなり、低福祉になりやすい傾向があります。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース