本文へスキップ

インベントリー・リセッションとは

インベントリー・リセッションとは


インベントリー・リセッションとは

  • インベントリー・リセッション(inventory recession)とは、在庫の調整によって起こる有効需要の減少を主因とする景気後退のことです。



在庫と景気

在庫は、個人消費、設備投資、財政支出などと並んで、経済全体の需要をを支える重要な項目です。在庫は、企業が景気の動向によって調整し、景気がピークを打てば売り残りが増加するため生産を減らして調整しますが、生産を減らせば原材料の需要も低下するため、全体的な需要が落ちて景気後退が始まります。在庫が適正水準に戻るまで不況が続き、在庫調整がなされたときが景気回復の転換点とされています。

※ただし、国民総支出における在庫投資の割合が低下していることなどから、近年は在庫の調整による景気への影響は小さくなってきています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース