本文へスキップ

フィリップス曲線とは

フィリップス曲線とは


フィリップス曲線とは

  • フィリップス曲線(Phillips curve)とは、1958年に英国の経済学者アルバン・ウィリアム・ハウスゴー・フィリップス(Alban William Housego Phillips)が論文の中で発表した物価上昇率を縦軸に、失業率を横軸に取る右肩下がりの曲線のことで、物価と失業率の関係を示したものです。当初は縦軸に賃金上昇率を用いていましたが、賃金上昇率は物価上昇率と密接な関係があることから、物価上昇率を用いることが多いです。



フィリップス曲線の見方

フィリップス曲線は、物価上昇率が高くなれば失業率が低下し、物価上昇率が低くなれば失業率が高くなることを示します。これを物価上昇率と失業率の「トレード・オフ」の関係といいます。ただし、デフレーションの状況下(物価下落)でも失業率が高くなったり、スタグフレーションが起こる場合もあるため、フィリップス曲線に沿わない現象が起こることもあります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース