本文へスキップ

反トラスト法(アンチトラスト法)とは

反トラスト法(アンチトラスト法)とは


反トラスト法(アンチトラスト法)とは

  • 反トラスト法(sntitrust laws)とは、「アンチトラスト法」とも呼ばれる、市場の独占および取引の制限を行うトラスト(企業結合)の禁止を目的に制定された法律(競争法)の総称のことです。

    同法は特定の法律を指したものではなく、複数の異なる法律の総称です。米国においては、1980年のシャーマン法(各州間、あるいは外国との取引の制限、市場の独占を違法とした法律)、1914年のクレイトン法(不当な株式や資産の取得、価格の差別化、取締役兼任等を規制した法律)、1914年の連邦取引委員会法(不公平競争方法を禁止した法律)の3つの法律の総称として使われます。

    競争法は1990年以降、世界的に導入されるようになり、日本においては「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」がこれにあたります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース