本文へスキップ

対外直接投資(たいがいちょくせつとうし)とは

対外直接投資(たいがいちょくせつとうし)とは


対外直接投資(たいがいちょくせつとうし)とは

  • 対外直接投資(たいがいちょくせつとうし:direct foreign investment)とは、国内企業が外国の子会社の設立や貸付、外国支店の設置や外国での直接的な事業への出資、外国企業の買収等を行うための投資のことをです。また、居住者(国内に住居を持つ個人または1年以上居所を有する個人)が外国に子会社や支店の設立等、直接的または間接的に経営参加を目的として資本を輸出することをいいます。

    対外直接投資は、外為法で資本取引として事前届出が必要とされており、国際収支の均衡を維持しにくくなったり、外国為替市場の変動によって日本の金融市場や資本市場へ影響がある際は許可が必要となる場合もあります。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース