本文へスキップ

相対取引とは(OTC)

相対取引とは(OTC)


相対取引とは(OTC)

  • 相対取引(あいたいとりひき OTC:Over The Counter)とは、市場を介さず売り手と買い手が1対1の関係の中で価格・数量・期日・決済方法などの取引条件を決定する二者間の合意だけで成立する取引のことです。相対取引は「店頭取引」とも呼ばれます。



相対取引の例

外国為替市場など、株式のように物理的な取引所がない場合に、業者と投資家の間で相対取引が行われます。FX(外国為替証拠金取引)の多くはこの相対取引です。相対取引は二者間の合意だけで成立する取引のため、取引相手が信頼のおける相手かを見極めることが重要です。株式の場合は、大株主が大量の保有株を売る場合や買う場合、株式市場の取引時間外に株式の売買を相対取引で行うことがありますし、非公開株式の売買は全て相対取引となります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略ブログ

サイト運営者の日々の相場に関するコメントをブログで。
スマホの方はこちら→http://kabusoba.webcrow.jp/sp/blog.html


バナースペース