本文へスキップ

政策金利の引上げ(利上げ)・引下げ(利下げ)による影響

政策金利の引上げ(利上げ)・引下げ(利下げ)による影響


利上げとは

利上げとは、政策金利を引上げることです。景気が過熱したりインフレが進むと、それを抑えるために政策金利が引上げられます。政策金利の変更は、民間金融機関が資金調達をする際の金利に影響し、また金融機関の貸出金利や預貯金の金利などにも影響が及びます。
日本では、日本銀行が政策金利を引上げようとする場合、日本銀行は民間の銀行に国債を買わせます。民間の銀行は国債を買ってお金が少なくなってしまうと、お金を貸したい!と積極的になる銀行が減りますので、民間銀行同士のお金の貸し借りである無担保コール翌日物の金利が上がります。日本の政策金利は無担保コール翌日物ですので、無担保コール翌日物の金利上昇は、政策金利の上昇を意味します。この「利上げ」によって市中金利(市場の金利)が上がると、お金を借りる際の金利が上がることになりますので、設備投資に積極的になる企業は相対的に減少し、また個人消費も抑制されるために、景気の過熱やインフレが抑制されやすくなります。




利下げとは

利下げとは、政策金利を引下げることです。景気が悪い時(不況時)やデフレが進むと、それを抑えるために政策金利が引下げられます。
日本では、日本銀行が政策金利を引下げようとする場合、日本銀行は民間の銀行から国債を買取ります。その際、日本銀行は国債を買取るだけの紙幣(日本銀行券)を発行します。国債を買取ってもらった民間の銀行は、国債を買取ってもらっただけのたくさんのお金を持つことになり、民間の銀行がたくさんのお金を持てば、お金を貸して運用したい銀行が増えますので、民間銀行同士のお金の貸し借りである無担保コール翌日物の金利が下がることになります。日本の政策金利は「無担保コール翌日物」ですので、無担保コール翌日物の金利低下は、政策金利の低下を意味します。この「利下げ」によって市中金利が下がると、お金を借りる際の金利が下がることになりますので、設備投資に積極的になる企業は相対的に増えやすくなり、また個人消費も増えやすくなるので、景気の刺激やデフレへの対策となります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース