本文へスキップ

企業実証特例制度とは

企業実証特例制度とは


企業実証特例制度とは

  • 企業実証特例制度(きぎょうじっしょうとくれいせいど)とは、企業が規制の緩和を提案し、例外扱いを認めてもらう制度のことです。これは企業単位で政府に規制の適用外と認めてもらうもので、2014年1月から施行、経済産業省が産業競争力強化法に基づいて導入した制度です。同制度は、企業ごとに監督省庁へ申請し、関係省庁と調整して、原則1か月で規制に該当するかどうかの回答を得られます。この企業実証特例制度と「グレーゾーン解消制度」を合わせて「ミニ規制緩和制度」といいます。ミニ規制緩和制度は、「グレーゾーン解消制度」利用申請の割合が多く、その割合は約9割(2016年末時点)となっています。



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース