本文へスキップ

コーポレート・ガバナンスとは

コーポレート・ガバナンスとは


コーポレート・ガバナンスとは

  • コーポレート・ガバナンス(corporate governance)とは、「企業統治(企業支配)」と訳される、企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的に捉えて長期的な企業価値増大に向けた企業経営を監視する仕組みをいいます。

    これは企業の所有者である株主の権益をいかに保護するか、会社は誰のものか、誰のためのものか、と密接な関係を持つもので、企業の事業は多くの利害関係者(ステークホルダー)によって成立しているため、その利害関係を調整しながら経営しなければならないため、近年この概念が重要視されています。「コーポレートガバナンス」は、一般的に企業統治や情報開示の在り方や監査役や社外取締役を含む取締役会など、企業の機関の在り方を指す場合が多いです。

    コーポレートガバナンスは、株主の意見を経営に反映させるよう2013年の成長戦略に盛り込まれたものです。2015年6月には東京証券取引所と金融庁によって「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」の運用が始まり、これによって上場企業は社外取締役を複数選任するよう実質的に義務化されています。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース