本文へスキップ

チキンタックスとは

チキンタックスとは


チキンタックスとは

  • チキンタックス(chicken tax)とは、ドイツ政府などが米国産の鶏肉に対して不公平な関税を課していたことへの報復として、米国政府が1963年から主にフォルクスワーゲンを標的に課した25%の関税のことです。



チキンタックスの対象

チキンタックスは、米国外で生産されて米国に輸入されていた全てのピックアップトラックが対象でした(その他、ブランデーやでんぷん食品が対象)。主にフォルクスワーゲンのピックアップトラックの輸入を制限しようとするもので、これによって米国内で販売されるピックアップトラックは米国内の現地生産車に変わっていきました(全てのピックアップトラックが対象だったので、日本の自動車メーカーも米国への輸出をやめるか現地生産へ移行しました)。チキンタックスは、1992年に成立したNAFTA(北米自由貿易協定)によって効力を失いましたが、ピックアップトラックを対象とした25%の輸入関税は現在もあり、日本のSUVやピックアップトラックも25%の輸入関税が課せられています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース