本文へスキップ

信用創造とは

信用創造とは


信用創造とは




信用創造の例

例えば、日本銀行がA銀行にマネタリーベースをHだけ供給したとすると、準備預金制度のため、A銀行はその一部を日銀当座預金に預けることになります。預金準備率をβとすると、準備預金の草加分はH×βとなります。

A銀行が貸出業務を行うために、Hから準備預金を差し引いた「H−H×β=H(1−β)」を、Z会社に貸し出します。会社はお金が必要で銀行からお金を借りるので、H(1−β)は使われ、そのお金はいずれ所得として個人や会社に渡り、手元資金になったりや預金で銀行に預けることになります。貸出したお金のうち銀行預金として戻ってくる比率を「α」とすると、「H(1−β)α」が銀行の預金として返ってきます。例えば、その預金がB銀行に預けられたとすると、その預金の一部を日本銀行に準備預金として預け、残りは貸出業務にあてると予想できます。そうすると、「H(1−β)α×(1−β)α」が貸出金として世の中に回ることになります。そして、そのお金はまた銀行に返ってきます。

こういった連鎖によって、信用創造が構築されていくと考えられています。ただし、この連鎖を繰り返せば、準備預金と貸出のうちの現金流出分が減少するため、いずれは0になります。

信用創造は、Hと(1−β)αが無限に続く等比級数となりますので、これを公比に当てはめると、マネタリーベース(H)とマネーストック(M)の関係は、以下のような公式(これを「信用乗数」といいます)で表されます。

M=1/(1-(1-β)α)×H







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース