本文へスキップ

ブレグジットとは

ブレグジットとは


ブレグジットとは

  • ブレグジット(Brexit)とは、「英国(British)」と「離脱(Exit)」を組合せて造られた「英国EU離脱」を意味する造語です。英国は、名目GDPにおいてEUの2割弱を占め、英国の輸出の4割以上はEU(欧州連合)が占めています。ゆえに、英国がEUを離脱した場合の影響が大きいことから広まった造語です。



背景

英国でEU離脱への関心が高まった背景に、他国からの移民の急増が大きな要因として挙げられています。英国は2000年以降、ブレア元首相のもとで東欧などEU新規加盟国から移民を受け入れました。好況に加え移民を受け入れたことで労働力が増え、さらに安価で雇えたことから英国の経済は良くなりました。しかし、2008年のリーマンショック後にそれが一転します。移民に職を奪われた英国の失業者の不満が高まり、また、社会福祉制度も重荷となっていきました。加えて、シリア内戦長期化による難民対策や農業に偏重したEUの分担金の予算配分へも不満が高まり(英国はドイツやフランスに匹敵するほどEUに分担金を払っている)、英国のEU離脱問題へと発展していきました。





ブレグジットで懸念される影響

英国は、名目GDPにおいてEUの2割弱を占め、英国の輸出の4割以上はEUが占めています。英国がEUを離脱した場合はそれだけ経済に影響が出ることが考えられ、英国の企業の輸出競争力低下も懸念されています。また、英国のGDPの1割を占める金融業への影響も懸念されています。英国ではユーロ建ての金融取引が盛んであるため、英国がEUを離脱すれば英国に拠点を置くメリットが薄まり、海外移転が加速する可能性が高くなります。そして、英国から資金を逃避させるためにポンド売りの圧力が強まったり、海外から英国への不動産投資の引きあげが加速する可能性があります。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース