本文へスキップ

スミソニアン体制とは

スミソニアン体制とは


スミソニアン体制とは

  • スミソニアン体制(Smithsonian system)とは、1971年12月に米国のワシントンにあるスミソニアン博物館で開催された10カ国蔵相会議によって成立した為替固定相場制のことです。この際に合意された国際通貨秩序を 「スミソニアン合意」といいます。



ニクソン・ショックから為替の変動相場制まで

1944年7月のドルと金(きん)を軸としたブレトン・ウッズ体制に対して、1971年8月のドルと金の交換を停止した「ニクソン・ショック」から主要国が為替相場を変動相場制に移行するまでの間の国際通貨秩序を「スミソニアン体制」といいます。

ブレトン・ウッズ体制は、第二次世界大戦後の世界の貿易拡大に大きく貢献しましたが、1971年に米国がドルと金の交換を停止したことにより崩壊します。1973年2月まではスミソニアン体制によって固定相場制は継続したものの、1973年2月以降は主要国が変動相場制に移行し、国際通貨体制は転換を迎えました。

スミソニアン体制以前の固定相場制では、IMF協定によって変動幅が平価の上下1%でしたが、スミソニアン合意から各国通貨の基準レート(セントラル・レート)の上下2.25%に変更され、ドルの切り下げや各国通貨の調整が実施されました。この時、日本円も切り上げられ、1ドル=308円となりました。ただし、日本は1973年2月に変動相場制に移行、1973年3月にはEC諸国も変動相場制に以降したことからスミソニアン体制は崩壊しました。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース