本文へスキップ

強いドル政策とは

強いドル政策とは


強いドル政策とは

  • 強いドル政策とは、強いドルは米国の経済成長を反映しており国益にかなう、という米国が伝統的に掲げてきた通貨政策のことです。1995年のクリントン政権時代から歴代財務長官によって引き継がれている大原則です。



強いドル政策のメリット・デメリット

強いドル政策、すなわちドル高は、海外から米国への資金流入につながり、米国の国債需要を支えるとともに、輸入物価の引き下げにつながります。一方で、米国の輸出競争力が落ちるため、特に米国の製造業にとっては不利に働きやすく、国内産業が海外へ流出してしまい産業の空洞化につながりやすい面があります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース