本文へスキップ

自動安定化装置(ビルト・イン・スタビライザー)とは

自動安定化装置(ビルト・イン・スタビライザー)とは


自動安定化装置(ビルト・イン・スタビライザー)とは

  • 自動安定化装置(built in stabilizer:ビルト・イン・スタビライザー)とは、景気動向によって働く自動補正機能を備えた財政上の仕組みのことです。



自動安定化装置の例

自動安定化装置(ビルト・イン・スタビライザー)は、不況時には景気刺激に、好況時には景気抑制に働く仕組みで、例えば、好況時であれば個人の可処分所得や企業の内部留保利益の増加に対して累進課税によって消費拡大を抑えて需要を抑制し、不況時には税収減少で個人や企業の収入が減を緩和、社会保障給付(失業保険や生活保護など)の増加で所得を安定させる、というように、好況時にはインフレ、不況時には失業者増加が懸念されるため、これら景気変動に応じて雇用維持、物価安定させるために財政政策に組み込まれているのが自動安定化装置です。

自動安定化装置(ビルト・イン・スタビライザー)の問題点については、「フィスカル・ドラッグとは」を参照。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース