本文へスキップ

オーバーシュート型コミットメントとは

オーバーシュート型コミットメントとは


オーバーシュート型コミットメントとは




オーバーシュート型コミットメントの効果

オーバーシュート型コミットメントは、物価2%上昇を実現するためには、人々のデフレマインドを抜本的に転換し、予想物価上昇率を引き上げるには、金融緩和の継続に関する極めて強力なコミットメントを導入することによって物価安定の目標の実現に向けた日本銀行の姿勢を示すことが必要と判断して導入されたものです。金融緩和が長期間続く安心感を示して、その効果の浸透を狙う「時間軸政策」です。

物価2%上昇ということは、景気変動などをならして平均的に2%を実現するということなので、物価が2%を超える(オーバーシュートする)ことを日本銀行は想定しているとしています。しかし、金融政策は効果が出るまでラグがあるため、実際に物価が2%を超えるまで緩和を続けるということは、極めて強いコミットメントであるとしています。

※オーバーシュートとは、行き過ぎるという意味。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース