本文へスキップ

国債価格支持政策(ペギング政策)とは

国債価格支持政策(ペギング政策)とは


国債価格支持政策(ペギング政策)とは

  • 国債価格支持政策(Pegging Operation:ペギング政策)とは、第二次世界大戦中の1942年から1950年代初めまでFRB(連邦準備制度理事会)が実施していた国債利回りを低位に押さえる国債管理政策のことです。第二次世界大戦時、民需の低下による国債大量発行によって米国債残高は5倍以上に拡大していました。通常、国債の量が増えれば国債価格が下落し国債利回りは上昇しますが、経済に大きな悪影響が出てしまうため、それを抑制するために導入されたのが国債価格支持政策(ペギング政策)です。「ペギング」とは「釘付け」という意味ですので、ペギング政策は”国債価格または国際利回りを釘付ける政策”ともいわれます。



国債価格支持政策(ペギング政策)の内容

FRBは、国際利回りが上昇することを抑制するために、1942年から1951年まで米国債を買い支えました。これによって米国の長期金利は概ね2.5%以下に抑制されました。それまで米国債を大量に保有していたのは商業銀行でしたが、これによってFRBが米国債の最大の保有主体となり、商業銀行の保有資産が国債から貸出にシフトするようになりました。




国債価格支持政策(ペギング政策)の撤廃

国債価格支持政策(ペギング政策)は、第二次世界大戦時、国債大量発行による国債利回りの上昇を抑えて経済に大きな悪影響が出ることを抑制するための政策でしたが、平時ではインフレを加速させやすい政策であり、インフレを抑制するために民間銀行向けの高率の預金準備率が銀行収益を圧迫していたため撤廃されることとなりました。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース