本文へスキップ

マネタリーベースとは

マネタリーベースとは


マネタリーベースとは

  • マネタリーベース(monetary base)とは、現金通貨(銀行券と硬貨の合計)と、日銀当座預金残高日本銀行が取引先の金融機関等から受け入れている当座預金の残高)の合計のことです。すなわち、世の中に出回っている現金と金融機関が中央銀行に預けている当座預金の残高の合計です。日本銀行が操作できるお金の総量のことをいいます。マネタリーベースは「ハイパワードマネー(high powered money)」とも呼ばれます。



マネタリーベース引き上げ・引き下げ

日本銀行はGDPを引上げたい場合(日本が不景気の場合)、金融機関が持っている国債を買い上げてマネタリーベースを引上げる政策を取って経済を立て直そうとします。逆に、日本の景気が過熱している場合は、バブルにならないように日本銀行が持っている国債を金融機関に売ってマネタリーベースを引き下げる(資金供給量を減らす)政策をとります。そのようにしてバブルやインフレを防ぎ、経済の安定化をはかります。

日本銀行の金融政策では、これまで短期金利の一つである無担保コールレート翌日物(日本の金融機関が短期資金のやり取りを行うコール市場で約定した翌日に返済する金利)の金利を誘導していましたが、2013年4月からは短期の金融市場を調節する操作対象がマネタリーベースに変更されました。

※マネタリーベースは、日銀のHPで公表されています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース