本文へスキップ

国外所得免除方式とは

国外所得免除方式とは


国外所得免除方式とは

  • 国外所得免除方式とは、国外での所得に対して、その国で税を支払えば自国に配当として持ち帰っても、それは非課税とする方式のことです。例えば、ある会社の子会社が海外で所得を得た場合、その国で税を支払えば、配当として自国へ持ち帰ってもその際は非課税となります。国際課税制度において多くの先進国はこの方式を採用しています。日本もこの方式を採用していますが、日本では5%分は課税されます。



国外所得免除方式のメリット・デメリット

国外所得免除方式は、海外での所得に対して課税を免除することによって、海外と自国における「二重課税」を回避するものです。これによって国外所得が国内に還流しやすくなることが期待できます。ただし、海外の子会社からの配当のみ適用され、外国支店には適用されず、キャピタルゲインにも適用されません。また、日本では国内の親会社のコストが国外所得の5%で益金不算入割合が95%とされます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース