本文へスキップ

日本銀行とは

日本銀行とは


日本銀行とは

  • 日本銀行(Bank of Japan)とは、日本銀行法によって業務内容等が規定されている日本の中央銀行のことです。設立は1882年。1942年には「日本銀行法」が制定され、国家の通貨調整や信用制度の維持を目的とした位置付けとなりました。1998年から新しい日本銀行法が施行され、政府からの独立性と金融政策の意思決定過程の透明性が高められることとなりました。
    資本金は1億円。財務省所管の認可法人で、株式会社の株式に該当する「出資証券」が発行されており、出資証券はJASDAQ上場されています(証券コード「8301」)。通常の株式会社とは異なり、出資者に経営参加権はなく、株主総会もありません。その代わりに「出資者総会」があります。



日本銀行の役割

日本銀行は、以下の3つの役割を担っています。

発券銀行
通貨を発行する
銀行の銀行
民間の金融機関とのお金を貸し借りする
政府の銀行
政府のお金を管理する

また、これらに加えて公開市場操作(オペレーション)をはじめとする金融政策を行い、経済を円滑にし、公共の利益を擁護する業務に従事する機能を果たす金融機関です。




日本銀行の政策委員会

日本銀行の最高意思決定機関は、日本銀行総裁を含む政策委員会です。政策委員会のメンバーは全員国会の同意を得て内閣が任命することとなります。政策委員会では、金融政策をはじめ重要事項が協議決定され、なかでも日銀金融政策決定会合は、日本の金融政策を取り扱う会合で、その動向は世界に注目されています。日銀金融政策決定会合で決定した内容は、会合終了後すぐに公表され、その議事要旨は一定期間後に公開されています。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース