本文へスキップ

変動相場制とは

変動相場制とは


変動相場制とは

  • 変動相場制(floating exchange rate system)とは、外国為替相場が外国為替市場の需給によって変動することが認められる為替制度のことです。一方、外国為替相場の変動幅をごく限定された範囲に設定、または変動を全く認めない為替制度のことは「固定相場制」といいます。変動相場制では、その国の通貨の実勢が表され、国際収支の調整は為替相場によって行われます。

    1971年のニクソン・ショック(米国がドルと金(きん)を交換を停止する内容を含む経済政策を発表したことによって引き起こされた世界経済への影響)まで世界各国では固定相場制が採用されていました。1973年2月まではスミソニアン体制によって固定相場制は継続したものの、1973年2月以降は主要国が変動相場制に移行し、国際通貨体制は変動相場制へと転換を迎えました。





変動相場制の運営方法

変動相場制の運営方法には以下のような制度があります。

クリーン・フロート
通貨当局は為替介入を行わない
マネージド・フロート
市場秩序維持のために為替介入を何らかの形で行う
ダーティー・フロート
為替相場を意図的にコントロールする

実際、クリーン・フロートをとることは難しく、通貨当局がマネージド・フロート、ダーティー・フロートで管理している傾向があります。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース