本文へスキップ

太平洋同盟とは

太平洋同盟とは


太平洋同盟とは

  • 太平洋同盟(たいへいようどうめい)とは、メキシコ,コロンビア,ペルー、チリの4カ国で構成される、加盟国間の経済的統合を目指す経済共同体のことです。2011年4月に創設で合意され、物品だけでなくサービス貿易や投資、人の移動など幅広い分野で自由化を進めており、さらにアジア太平洋地域との政治経済関係の強化を目標としています。2015年7月に加盟国間の貿易品目92%の関税を撤廃。残り8%の関税も中長期に撤廃することとなっています。

    日本は、2012年9月に玄葉外務大臣(当時)が太平洋同盟4か国の外相と会談し,今後関係を強化していくことで太平洋同盟側と合意。2013年5月には,若林外務大臣政務官が第7回太平洋同盟首脳会合及び閣僚会合に出席し,太平洋同盟との関係強化を重視している旨発言するとともに,将来的な協力分野につき言及しました。



域内の規模

総人口
2.2億人
GDP
1.75兆ドル







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース