本文へスキップ

ストレステスト(資産査定)とは

ストレステスト(資産査定)とは


ストレステスト(資産査定)とは

  • ストレステスト(stress test:資産査定)とは、金融市場が混乱した場合や経済状況が悪化した場合に、銀行は経営が続けられるかどうかの耐久性をみるリスク管理手法のことです。



ストレステストの目的

ストレステストは、不測の事態に備えることを目的に、監督庁局が銀行が保有している有価証券(債券株式)や融資などの状況を点検して潜在的なリスクを計測し、発生確率が低いとされるリスクシナリオと照らし合わせて資産の健全性を調べます。一般的にストレステストは、点検相手に不利なリスクシナリオが設定されるため、これによって金融市場や投資家の不安を解消する効果もあるとされています。

ストレステストは、2008年のリーマンショック時にそれまで健全とされていた銀行が次々に経営不振に陥ったことを受けて、先進国では定期的に実施されています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース