本文へスキップ

一般特恵関税(GSP)とは

一般特恵関税(GSP)とは


一般特恵関税(GSP)とは

  • 一般特恵関税(GSP:Generalized System of Preferences)とは、先進国が発展途上国などの特定の国に対して関税を特別に低くしたり免除して、貿易面で他の国より有利な待遇を与える制度のことです。日本や米国、EU(欧州連合)など多くの先進国が実施しており、対象国は約120ヵ国、品目は約3,500程度あります。一般特恵関税(GSP)は、GATT(関税および貿易に関する一般協定で、自由、無差別、多角、互恵を基本理念とおした国際経済機構)の例外的措置として、1970年10月に特恵特別委員会において導入されました。日本では、1971年8月から実施されています。



一般特恵関税(GSP)の目的

一般特恵関税(GSP)は、発展途上国を貿易面で有利な待遇を与えて先進国への輸入を増やして、産業の発展を支援することを目的としています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース