本文へスキップ

ドット・フランク法

ドット・フランク法


ドット・フランク法とは

  • ドット・フランク法とは、「Dodd Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act:ウオール街改革、および消費者保護に関する法律」の略称で、2009年にオバマ大統領が提唱し2010年7月21日成立された米国の金融規制改革法です。



ドット・フランク法の内容

ドット・フランク法は、FRB(連邦準備制度理事会)に消費者金融保護局を設置することや、金融機関の監視強化、ボルカールール、連銀法の修正などの改革法で、金融機関の説明責任と透明性を向上させることで米国の金融の安定性を促進し、トゥービッグ・トゥーフェイル(金融機関や事業規模が大きい企業を潰せないことです。それらは破綻したり倒産したりした時の悪影響が大きすぎるため、公的支援をして存続させる状態のこと)を終わらせ、納税者のため特定の企業への財政出動を終わらせ、新たな金融危機を防止するための堅固な経済基盤を創出することを目的としています。米国の金融規制に大きな変革をもたらし、ベイルアウトを予防する効果が期待されています。
ドット・フランク法では、総資産が500億ドル以上の金融機関は資本及び流動性を余分に確保しなければならず、毎年FRB(連邦準備制度理事会)ストレステストを受ける必要があります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース