本文へスキップ

MAS(シンガポール金融通貨庁)とは

MAS(シンガポール金融通貨庁)とは


MAS(シンガポール金融通貨庁)とは

  • MAS(Monetary Authority of Singapore:シンガポール金融通貨庁)とは、1970年に設立されたシンガポールの外為基金管理や金融の監督、通貨制度の維持を主な任務とする中央銀行です。

    MAS(シンガポール金融通貨庁)は、設立当初から保守的で過剰な市場介入も行っていましたが、世界的に市場原理が重要視されはじめたことから、1997年に金融産業の競争力向上を図るために検討委員会が創設されました。検討委員会のトップにはリー・シェンロン副首相が就任し、それまでの保守的な体制を転換し、金勇改革に乗り出し、規制緩和や自由化を実施。資産運用や証券の規制緩和、10年国債の発行、金融機関の外資規制の撤廃などを行い、自由化を進めています。ただし、シンガポールは政策金利がありませんので、為替変動は実質政府のコントロール下にあります。



関連記事









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース