本文へスキップ

通貨交換協定(通貨スワップ協定)

通貨交換協定(通貨スワップ協定)


通貨交換協定(通貨スワップ協定)とは

  • 通貨交換協定とは、「通貨スワップ協定」とも呼ばれる、各国の中央銀行外国為替相場の安定を目的に、相互に締結している協定です。通貨交換協定(通貨スワップ協定)には2つの形態があり、自国の通貨が危機の際に自国通貨を預け合う方法と、相互に一定の使用枠を設定して必要に応じて相手国の通貨を引き出す方法です。現在は後者の方法がが主流ですが、これらの方法によって一定の為替レートで協定相手国の通貨を融通し合うことができます。また、これによって為替相場の急変動に対応する為替介入資金の確保ができ、国際収支の赤字の補填としても使用されます。

    1997年-1998年に起きたアジア通貨危機を踏まえ、日本・韓国・中国・ASEAN(東南アジア諸国連合)の東アジア地域は、ドルを融通する枠組みとしてアジアの通貨交換協定を整備し、2000年に外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアティブ(CMI)」の構築に合意しました。これは、ドルを借りた国は外国為替市場で「ドル売り自国通貨買い」の為替介入を実施して自国通貨の急落を抑えようとするものです。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース