本文へスキップ

アジア通貨危機とは

アジア通貨危機とは


アジア通貨危機とは

  • アジア通貨危機(the Asian Financial Crisis)とは、1997年7月からはじまったアジア各国の通貨の急激な下落のことです。



アジア通貨危機の影響

アジア通貨危機は、1997年7月からタイを中心にはじまりました。アジア各国の通貨下落によって、東アジア、東南アジア各国の経済は大きな打撃を受け、特にタイ、インドネシア、韓国の経済への打撃は大きなものとなりました。マレーシア、フィリピン、香港、中国、台湾も一定程度の影響を受けました。日本は緊縮財政とタイミングが重なり、金融危機の引き金となりました。このアジア通貨危機の影響はアジアから波及し、ロシア財政危機、ブラジル危機を引き起こす原因となりました。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース