本文へスキップ

金本位制度とは

金本位制度とは


金本位制度とは

  • 金本位制度(きんほんいせいど:gold standard system)とは、ある国の通貨1単位が一定量の金(きん)と等価になるよう定めた貨幣制度のことです。

    ※現在、金本位制度を採用している国はありません。



通貨と金の結びつき

金本位制度は、その通貨と金の結びつきの度合いによって3つに分けられます。

金資本位制
通貨と金の結びつきがもっとも強く、金貨の自由鋳造・溶解、輸出入を認める制度
金地金本位制
金は対外の決済として用いられる。貨幣の中心は銀行券とする制度
金為替本位制
通貨と金の結びつきがもっとも弱く、政府が準備として金に交換できる外貨をもつ制度




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース