本文へスキップ

最後の貸し手とは

最後の貸し手とは


最後の貸し手とは

  • 最後の貸し手(LLR:Lender of Last Resort)とは、一時的な資金不足に陥った金融機関に対して、他に資金供給を行う主体がいない場合に中央銀行が一時的な資金の貸付け等を行うことです。

    日本の中央銀行である日本銀行は、金融システムの安定のため特に必要があると判断し、システミック・リスクが顕在化する惧れがある場合に、金融機関に対して預金等の払戻しや取引の実行等のために必要な資金を供給する「最後の貸し手」としての機能があります。1965年に証券不況により危機に陥った山一証券や大井証券に日本銀行が貸出を行ったことがその例となり、この際行われた融資を「日銀特融(にちぎんとくゆう)」といいます。



資金供給の方法

日本銀行が最後の貸し手として資金供給する場合、日本銀行法第33条に基づいて、通常は手形や国債等を担保として行われますが、偶発的な原因(コンピュータのシステムトラブルなど)で、金融機関が予見できない一時的な支払資金の不足が生じた場合や、金融システムの安定確保のために特に必要として内閣総理大臣および財務大臣から要請があった場合には、担保をとらないで貸付け等を行うことがあります。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース