本文へスキップ

非関税措置とは

非関税措置とは


非関税措置とは

  • 非関税措置(ひかんぜいそち)とは、「非関税障壁(NTB)」とも呼ばれる、関税以外の方法で貿易(輸入)を制限することです。関税は、外国から輸入される貨物に課せられる租税(国や地方 公共団体が、経費に充てるために強制的に国民や住民から徴収する金銭)のことで、財政の収入、国内の産業の保護の目的で行われますが、それ以外の方法として、政策や制度、規定によって貿易(輸入)に障壁を設けることを「非関税措置」といいます。 具体的には以下のようなものがあります。



非関税措置の例

非関税措置は、主に輸入に対して数量制限を行ったり、課徴金を課したり、輸入の際に煩雑な手続きや検査を要求するなどの措置が行われやすいです。

  • 輸入数量制限
  • 政府が関与する(輸出補助金を設ける、政府調達を国内企業とするなど)
  • 税関手続きによるもの(関税評価制度、関税分類など)
  • 基準によるもの(規格や衛生・安全基準を満たさないものの輸入を認めないなど)
  • 輸入課徴金によるもの




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース