本文へスキップ

グラム・リーチ・ブライリー法とは

グラム・リーチ・ブライリー法とは


グラム・リーチ・ブライリー法とは

  • グラム・リーチ・ブライリー法(Gramm Leach Bliley Act)とは、1999年11月に米国で成立したグラス・スティーガル法(銀証分離)の規制廃止等を盛り込んだ金融制度改革法のことです。



グラム・リーチ・ブライリー法の内容

グラム・リーチ・ブライリー法は、

  • グラス・スティーガル法の「銀行の証券会社との系列関係形成の禁止」(第20条)
  • グラス・スティーガル法の「銀行の取締役による証券会社の取締役兼任の禁止」(第32条)

これらを廃止する内容となっており、これによって銀行が証券業務を行うことが法的に認められました。また、金融持株会社の創設によって、金融持株会社が傘下に銀行や証券、保険等の業務を行う子会社を所有することができるようになり、その他、銀行の直接子会社が証券業務を行うことも認められました。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース