本文へスキップ

法人事業税とは

法人事業税とは


法人事業税とは

  • 法人事業税とは、法人(法律的に自然人と同じ人格が認められ、権利と義務の主体となれる人。企業や労働組合、私立学校、神社などがそれにあたる)が行う事業に対して課される税金(地方税)のことです。地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づいて、事務所や事業所のある道府県が課します。法人事業税は、法人税の所得の計算では、損金算入が認められており、必要経費への算入も認められています。また、法人事業税は、申告・更正・決定等について課税実務上の関連性が高いとして、法人税(法人所得税)、法人事業税、法人住民税の3つを合わせて「法人三税」といいます。



外形標準課税

法人事業税は、資本金1億円以下の法人の場合は、所得金額を課税標準とした所得割が課せられます。所得割は、所得金額によって税率が変わります。
資本金1億円超の法人の場合は、所得割に加えて付加価値を課税標準とした付加価値割(報酬給与+純支払利子+純支払賃借料+単年度の損益の合計)が課せられますが、この課税方式を「外形標準課税」といいます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース