本文へスキップ

ハードブレグジットとその影響

ハードブレグジットとその影響


ハードブレグジットとは

  • ハードブレグジットとは、「強硬離脱」とも呼ばれる、英国(イギリス)が経済より移民の受け入れ制限を優先してEU離脱(ブレグジット)交渉を行い、EUの単一市場へのアクセスを失うことです。または、EUの単一市場へのアクセスよりも移民の受け入れ制限をかけることを優先するEU離脱の方法です。

    これに対し、英国がEU離脱(ブレグジット)において、欧州の単一市場へのアクセスを確保することを「ソフトブレグジット」といいます。



ハードブレグジットで懸念される影響

英国は、名目GDPにおいてEUの2割弱を占め、英国の輸出の4割以上はEUが占めています。英国がEUを離脱(ブレグジット)した場合はそれだけ経済に影響が出ることが考えられ、英国の企業の輸出競争力低下も懸念されています。また、英国のGDPの1割を占める金融業への影響も懸念されています。英国ではユーロ建ての金融取引が盛んであるため、英国がEUを離脱すれば英国に拠点を置くメリットが薄まり、海外移転が加速する可能性が高くなります。そして、英国から資金を逃避させるためにポンド売りの圧力が強まったり、海外から英国への不動産投資の引きあげが加速する可能性があります。これがブレグジットで懸念される影響です。
英国とEUの離脱交渉の内容にもよりますが、ブレグジットがハードブレグジットとなった場合、英国はEUの単一市場から撤退となり、英国を拠点とする金融機関は「単一パスポート制度」が使えなくなり、英国の金融街シティ(The City)の地盤沈下が進むとの懸念が指摘されています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース