本文へスキップ

連邦準備法とは

連邦準備法とは


連邦準備法とは

  • 連邦準備法(Federal Reserve Act)とは、米国で1913年に成立したFRS(連邦準備制度)の根拠となる法律のことです。それまで米国では各国の中央銀行に相当する機関がありませんでしたが、ウィルソン大統領のもとに当法律が成立し、FRSによって12の連邦準備銀行が設けられました。



FRS(連邦準備制度)とは

FRS(Federal Reserve System:連邦準備制度)とは、1913年に米国で連邦準備法(Federal Reserve Act)によって設立された制度のことです。FRB(連邦準備制度理事会)によって運営されており、全国の主要都市にある連邦準備銀行とその支店で構成されています。また、連邦法銀行(National Bank)州法銀行(State Bank)も加盟しています。FRSは独立機関ですが、理事は上院の承認を得て大統領によって任命されます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース