本文へスキップ

RTGS(即時グロス決済)とは

RTGS(即時グロス決済)とは


RTGS(即時グロス決済)とは

  • RTGS(Real-Time Gross Settlement:即時グロス決済)とは、中央銀行における金融機関の間の口座振替の手法のことです。



RTGSの仕組み

RTGSは、時点ネット決済と対比されることが多く、時点ネット決済は、金融機関が中央銀行に持ち込んだ振替指図が一定時点まで蓄えられて、その時点で各金融機関の受払差額が決済されるものですが、RTGSは、振替の指図が中央銀行に持ち込まれ次第すぐに実行されるのが特徴です。ある金融機関の不払いがどの金融機関への支払いの失敗であるかが必ず特定され、その他の金融機関の決済をすぐに停止させることがありません。時点ネット決済と比べ、システミック・リスクの大幅な削減が可能とされています。

日本銀行は、RTGSの資金効率を向上させるため、2008年10月より日銀当座預金(日本銀行当座預金)に決済のために必要な資金を節約できる仕組み(流動性節約機能)を導入。また、民間決済システムでは、全国銀行内国為替制度が、2011年11月より、1件1億円以上の大口取引の決済方法をRTGSに移行しています。さらに、外国為替円決済制度(外国為替円決済システム)も、2008年10月より決済方法をRTGSに完全に移行しています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース