本文へスキップ

BIS(国際決済銀行)

BIS(国際決済銀行)


BIS(国際決済銀行)とは

  • BIS(Bank for International Settlements)とは、1930年にスイスのバーゼルに設立された国際決済銀行のことです。BISは、各国の中央銀行が株主として共同出資しており、現在は各国の中央銀行からの預金受入などの銀行業務や通貨金融システムの安定を目的に、各国の中央銀行の政策と国際協力を支援する機関としての業務などを行っています。原則、隔月で中央銀行総裁会議、毎年6月または7月に年次総会が開催されており、各国の経済や金融問題などについて意見交換が行われています。日本(日本銀行)は、1970年にBISに加盟しました。



BISの歴史

BIS(国際決済銀行)は、第一次世界大戦後にドイツの賠償支払いを処理するために設立されました。第二次世界大戦後は、IMF(国際通貨基金)世界銀行(IBRD)の設立に伴い清算されることとなっていましたが、欧州諸国の多角的決済の問題が浮上してきたことや、IMFやIBRDと果たす役割が異なっていたことなどから存続が決まりました。現在は、出資加盟国の中央銀行の中央銀行としての役割を果たしており、国際金融業務を行う銀行に「BIS規制」を出して、銀行が守る基準を明示しています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース