本文へスキップ

フェデラル・ファンド取引とは

フェデラル・ファンド取引とは


フェデラル・ファンド取引とは




銀行間で行われる取引

フェデラル・ファンドとは、FRS(連邦準備制度)に加盟している銀行が連邦準備銀行準備預金口座に保有している資金、もしくは米国の金融機関間でFRS(連邦準備制度)のシステムを利用して取引されている主に短期資金のことです。 米国の貯蓄取扱金融機関は、FRB(連邦準備制度理事会)が要求する支払準備金を保持しなければなりません。銀行は所要額以上の支払い準備残高を保有していれば、余剰金を一時的に運用するために出手となって、それが不足している銀行との間でフェデラル・ファンドの取引が行われます。これを「フェデラル・ファンド取引」といい、フェデラル・ファンド取引を行う市場を「フェデラル・ファンド市場」といいます。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース