本文へスキップ

一般会計(いっぱんかいけい)とは

一般会計(いっぱんかいけい)とは


一般会計とは

  • 一般会計(いっぱんかいけい)とは、官庁会計の一つで、特別会計以外の会計のことです。国及び地方公共団体の根幹となる会計で、国民・住民に広く行われる事業における歳入歳出の会計です。国・地方公共団体の会計は、すべての歳入・歳出などを単一の会計で経理することが原則となっています。これを「単一予算主義」といいます。

    一般会計の歳入は、税金や国債からの収入、貨幣発行益などで、歳出は、公共事業。社会保障、社会福祉、公務員の人件費、国債償還、外交などに使われる費用などで、年度ごとに管理されています。

    各省庁は、例年翌年度必要となる事業費を夏頃に財務省に概算で要求し、財務省がそれを年末までに予算編成します(衆院解散などがなければ)。年度途中に災害が発生して歳出が必要になった場合や経済対策で新たな歳出が必要になった場合は、「補正予算」を編成して対応することになります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース